なぜNoCodeなのか
NoCodeはシステム開発の「不満」を
消し去る開発手法です。

NoCodeという新しいシステム開発手法はとてつもない可能性を秘めています。
これまでの開発手法を完全に時代遅れにするほどのインパクトを持っています。
極めて高い生産性かつ高品質で開発出来、システム間の連携や自動化も容易に実現できます。
これはDX化を必要とする企業様や市場調査や改善のサイクルを高速で行いたいスタートアップ様にピッタリの開発手法です。

NoCodeには以下の大きな利点があります。

利点1:生産性が圧倒的に高い

NoCodeはブロックを積み上げる様に部品を組みシステムを構築します。そのため、開発スピードはこれまでの手法と比べ圧倒的に早いのが特徴です。弊社での調査ではなんと約6倍生産性の違いがありました。
開発期間が短くできれば、それだけ開発コストを圧縮できます

利点2:変更に強い

これまでのシステム開発では、システムの仕様変更を行う際には、細かな影響調査を行った上で関連するプログラムやDBを修正し、テストをやり直す必要がありました。
NoCodeでは変更は全てNoCodeの画面上の設定を修正するだけで対応出来、そのスピードは圧倒的です。
ビジネス上の要望にも速やかに対応することが出来、これは競合他社との優位性となります。

利点3:品質が高い

NoCodeは既にテスト済みの部品を使用して開発します。これにより単純なミスによる不具合の混入が大幅に減少します。
また開発工程におけるテスト期間も通常のシステム開発に比べ短縮させること出来、開発コスト圧縮につながります。
システム稼働後の障害発生はビジネスの停止など大きな影響を与えるだけでなく、運用コストの増大を招きます。品質が高いと言うことはシステム稼働後の大きな安心につながります。

是非ご相談ください!
今の状態を先延ばしせず、すぐに実現の一歩を踏み出しましょう。
今すぐ始める